2012年の様子


石ころコロコロ,地球グルグル

~室戸で見つける!ぼくらと石ころのカンケイ〜

 

室戸ジオパークでは、子ども達向けに最新の科学にふれる体験学習を開催しました。子ども達は、第一線の研究者の手を借りながら、実験や野外学習を通じて、人間と大地との関わりについて考えます。今回は室戸市で開催される研究船一般公開(主催:室戸市)にあわせて、深海について学びました。

名称:室戸ジオパーク サマースクール2012
テーマ:石ころコロコロ,地球グルグル 室戸で見つける!ぼくらと石ころのカンケイ
日程:平成24年7月15日9:00〜16日16:30
場所:室戸市内の海岸、室戸市保健福祉センター、国立室戸青少年自然の家、海洋研究船「なつしま」(独立行政法人海洋研究開発機構所有)

主催:室戸ジオパーク推進協議会
協力:独立行政法人海洋研究開発機構

参加者:小中高生25名程度(スタッフ:10名程度)
募集期間:平成24年6月15日〜7月12日(募集期間延長しました!)
※ただし、7月4日以降の申し込みの場合、ラーメンカップの受け取りが8月になります。
参加費:3000円(宿泊費、食費、保険料)

スタッフ代表:ロバート ジェンキンズ(横浜国立大学)

ロバート先生が大会のテーマを発表しています

 

アイスブレイク。自己紹介タイム!

海岸に落ちているものから、海岸の特徴を調べよう。

貝やガラスに、、、え?こんなものも?

海岸にある最も沢山あるのって、砂じゃん!砂をよく観察すると面白いよ。この砂はどこから来て、どこへ行くの?

発表するとカードがもらえる。カードは最後のゲームに使うんだ。移動中のバスの中でも、クイズが出されるよ。答えてカードゲット!

海岸でヒミツを発見したよ。どうして、こんなシマシマの地層があるの?実験をしてその理由が分かったよ。

海が無くなったらどうなる?あの砂はどこから?シマシマの地層はどうやってできた?

研究船に体験乗船。どうやって、研究者は調べているの?

船内を探検したよ

海底の砂や泥を調べると何が分かるか教えてもらったよ。

船員さんありがとう!

いっぱい活動したあとのご飯は美味しい!

夜も勉強が続く....

室戸市内の池にやってきた。中山造園さんありがとう!

この池から採取したガスは燃えるんだ。海底にも同じようなガスがあって、、、

たくさんもらったカードを使って、ゲーム&まとめ作業。何がわかった?地球のグルグルのヒミツは見つかった?

う〜ん、色々あって悩むな〜。

まとまってる〜?

最後の発表会の様子。たくさんグルグルを見つけました。